前へ
次へ

化粧水を正しくつけてしっかり保湿しよう

お肌をきちんと保湿するためには、化粧水を正しくつけることが大切なポイントになります。洗顔してお肌を清潔な状態にしたら、手のひらに化粧水を適量とって、やさしく丁寧になじませていきます。このとき頭に入れておきたいのは、さっとたたくようにつけるのではなく、手のひらで包み込むようにして化粧水を浸透させることです。ゆっくり時間をかけて、化粧水をお肌に沁み込ませるような感覚で行うとしっかり保湿できます。お肌の乾燥が特に気になるときは、化粧水を数回にわけてお肌になじませていくとよいでしょう。また、小鼻の脇など細かな部分までしっかり化粧水をつけたいときは、コットンを使うのもよい方法です。コットンを使う場合は、たっぷり化粧水を沁み込ませてから、やさしくリズミカルにパッティングすることが大切です。毛羽立ちにくいコットンを選べば、お肌への負担をさらに抑えることができます。もちろん、保湿を十分に行うためには美容成分が豊富に含まれている製品を選び、化粧水をなじませた後は乳液やクリームを塗って忘れずに蓋をすることも肝心です。

Page Top